葉酸は妊婦さんの強い味方|サプリを飲むだけでオッケー

看護師

毎日とりたい栄養素

女性とひまわり

葉酸は神経管欠損症という胎児奇形を予防できるという点で、最近産婦人科分野で注目を集めています。この栄養素ははビタミンB複合体で、レバーやマグロなどの動物性食品、ほうれん草やブロッコリなどの緑黄色食品に多く含まれています。また葉酸サプリメントでも効率よく葉酸を摂取することができます。

View Detail

妊娠したら摂りたい食品

妊婦さん

妊娠したら、葉酸やカルシウムなどの栄養は積極的に摂ることが大事です。赤ちゃんの成長過程において必要ですので、食事から摂るよう心がけます。最近はサプリを使う妊婦が増えています。葉酸やカルシウムのサプリを併用すると良いです。

View Detail

頼れるところを探しておく

お腹に耳をあてる男性

臨月になったら、いざという時に頼りになる救急対応の病院を探しておくことをお勧めします。出先で陣痛が起きてもそれなら安心です。また、外出するのなら保険証や母子手帳、身近な人の連絡先なども肌身離さず持っておくことが大事です。

View Detail

不足するとリスクが高まる

サプリメント

妊娠中にはとても大事

葉酸は妊婦にとって大事な成分です。妊娠初期から授乳時期までの長い期間、最も消費量が多い成分になります。妊婦や胎児の栄養不足や病気から保護してくれる大事な役目を持っていますので、不足にならないようにする必要があるのです。妊娠初期には、胎児の先天性な異常を生じさせないように守ってくれます。更に栄養を送り続けることで栄養不足を回避するとともに貧血を防止さらに妊婦の栄養不足も守ってくれます。胎児の発達障害のリスクも軽減する効果もあります。この時期、必要な葉酸の量は通常時の1.5倍の量です。意識していないとこの数値をクリアすることはできなく、葉酸不足にすぐに陥ってしまいます。妊娠中は貧血になりやすくこの貧血を回避することができるのも、葉酸の役目となります。

食品から摂取できない

意識して葉酸を摂取する際、食品から摂取することが一般的ですが、食品に含まれている葉酸は熱に弱く、水に溶けだす性質を持っています。そのため食品を加工したり調理したりすることで摂取できる葉酸の量が極端に少なくなってしまいます。葉酸を効率的に摂取する方法としてサプリメントがあります。サプリメントは食事の補助として不足する成分を補うものです。そのため毎日の食事の際にサプリメントを摂取することで葉酸を効果的に摂取することができます。葉酸の必要性は高いものの、医学的にこれを摂取する事を推奨してるケースは少なく、自覚をもって、意識的に摂取することが大事になります。病院でも処方してもらえませんのでサプリを自分で購入して飲むことが大事になります。